専門部長挨拶

宮城県鹿島台商業高等学校長 佐藤好彦と申します。

私は、平成3年度から平成13年度までの11年間、宮城県中新田高等学校でカヌー部の顧問を務めておりました。創部からみやぎ国体開催まで、全国の多くの先生方から、ご支援・ご指導をいただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。この度、当専門部長を拝命しました。一生懸命職務を務めさせていただきますので、今後とも変わらぬご指導・ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

令和2年度は新型コロナウィルス感染症の影響により全国高校総合体育大会が中止となりましたが、昨年度は感染拡大が懸念される中ではありましたが、8月に福井県あわら市において開催されました。本大会を目指し、日々難しい練習環境にて自身の競技力向上に努め頑張ってきた選手諸君、また熱心にご指導されてきた指導者の皆様、さらにはカヌー競技を支えて頂いております関係の皆様が待ち望んでいたことと存じます。また、3月には、京都府京丹後市において、全国高等学校カヌー長距離選手権大会も開催することができました。両大会とも、大会開催に向け、最大限の感染拡大防止に努められた関係の皆様には衷心より感謝を申し上げます。

依然として、新型コロナウィルス感染拡大は懸念され、収束の兆しは見えておりません。各都道府県専門部におかれましては、今後もコロナ対策を万全にしながら、選手の活躍できる場を確保して頂ければと思っております。改めて関係の皆様には一致団結しこの難局を乗り越えていきますよう、お願い申し上げます。

最後に、選手諸君には、このコロナ禍だからこそ一日一日を大切に過ごし、自身の競技力向上に努め、未知の状況にも対応でき得る力をしっかりと身に付けて欲しいと思います。また、競技に携わる皆様には、より一層カヌー競技が発展できるよう、ご支援を賜りますことをお願い申し上げ、専門部長としての挨拶とさせていただきます。

全国高等学校体育連盟カヌー専門部長
佐藤 好彦 Satou Yoshihiko
宮城県鹿島台商業高等学校長